スカーレット134話「信楽一のたこ焼き」あらすじ

スカーレット134話は、喜美子が穴窯を見つめているところから始まります。後援会会長には穴窯の予定を組み替えることを伝えていました。

 

タケシのことはまだ話せないため、穴窯を今年はやらないのかと聞かれて、スケジュールを見直すだけだと説明します。ちょうど野菜を届けに来た照子は、事情を知っていたため複雑そうな表情を浮かべていました。

 

タケシはアルバイトの仕事をしている最中に、お皿についていたケチャップから鼻血を連想していました。そこへ晴れ着を着たマナブの彼女と研究室のマナさんが訪れます。

 

またたこ焼きパーティをしようというマナブの彼女の話から、マナさんは自分もたこ焼きを上手に作れると主張し、タケシに信楽一のたこ焼きを食べさせてあげると申し出て、マナさんとタケシは自分が信楽一だと張り合っていました。

 

マナさんがたこ焼きを作りに来るため、タケシは自宅で片付けるをしていると、突然のめまいで座り込みます。訪れたマナさんに謝り、用事が出来たと言ってタケシはマナさんを帰しました。そして、タケシは病院へ向かいます。

 

タケシが病院へ行くと、待合室で不安そうに身を寄せ合う親子に大崎先生が駆けつけていました。タケシは大崎先生に話したいことがあると言っていましたが、すぐにどこかへ行ってしまいました。

 

心配した大崎先生が夜、喜美子の工房を訪れます。事情を聞いた喜美子はタケシの家に電話をかけます。電話に出たタケシは今から友達とたこ焼きを作ることを話しました。

 

いつも通りの元気な様子を確認し喜美子は電話を切ります。タケシは病院から出て行った後、マナさんを家に呼びなおしていたようです。

 

マナさんは信楽一と豪語していましたが、たこ焼きは丸くなっておらずタケシがダメ出しをしていました。すると喜美子が部屋に訪れます。

 

部屋に上がり、友達が女性だと知り喜美子は驚いていました。自己紹介が済み喜美子はすぐ帰ろうとしますが、タケシに一緒に食べようと誘われました。

 

喜美子が緊張した様子でテーブルに着くと、マナさんからぐちゃぐちゃのたこ焼きを出されて、半笑いでそれをたこ焼きプレートに戻して、たこ焼きを作り直し、二人におなか一杯食べさせていました。

 

マナさんが喜美子に気を使って帰ると、喜美子はマナさんを送っていくようにタケシを促します。一人、部屋に残った喜美子は嬉しそうにタケシの部屋を眺めます。

 

すると、「家庭の医学」という本が喜美子の目に止まります。喜美子がその本の「慢性骨髄性白血病」という文字に印がつけてあるのを見つけました。スカーレット135話へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です