スカーレット133話「今年の目標は100個」あらすじ

スカーレット133話は、年が明け、喜美子の家で百合子の子供たちとタケシと八郎が羽子板をして遊んでいるところから始まります。タケシは八郎の運動音痴が似てしまったのか、羽子板は二人でボロ負けし、二人はそろって顔に墨で絵を描かれていました。

 

タケシに喜美子は今年の目標は100個あると張り切っていました。その一つが車の免許を取ることで、タケシの移動にも便利だろうと話していました。喜美子はタケシにも今年の目標を100個作れと急かします。

 

タケシは工房に移動すると、八郎に喜美子の今年の目標100個の話を教えようとします。喜美子がそれを遮って止めると、八郎はタケシに研究所が終わったらどうするのか尋ねました。

 

器の成形を工房でやっていたタケシでしたが、腕はまだまだだと八郎は言い、上達したいなら毎日ろくろ前に座れとアドバイスします。喜美子もいっそのことアパートを引き払ってここに住んだらいいと言いました。

 

タケシのアパートの話から、八郎は信作とタケシ部屋でたこ焼きパーティをしたことを喜美子が知り、喜美子が自分は部屋にも上げてもらえないと怒っていました。女性は立ち入り禁止だとタケシは喜美子が来ることに抵抗していました。

 

八郎は腕まくりして、ろくろの前に座ろうとします。タケシは八郎がろくろを回している姿を覚えておらず、興奮します。タケシが覚えている一番古い記憶は、繕った靴下を見せるため、喜美子が器を形作るのを待っているときのことでした。

 

八郎がロクロを回し始め、すぐに1枚のお皿を形作ると、タケシはずっとやっていなかったのにすごいとほめちぎります。喜美子の器とは少し違うと言う話から、三人は陶芸の楽しさを語り合っていました。

 

喜美子がタケシたちの寝る支度をしている間も、タケシは工房で八郎に成形の仕方を教わっていました。翌朝、八郎はタケシに深先生の絵ハガキを見せていました。

 

八郎はこの色を出したかったがうまくいかな行かなかったと話します。喜美子は朝食の片づけをしながら、タケシの今週の予定を確認し、自分もタケシの部屋に行くのだと決めていました。

 

タケシは自分の部屋に帰り、血液の病気について調べていました。スカーレット134話へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です