スカーレット112話「あれ欲しいねん」あらすじ

スカーレット112話は、タケシが独り暮らしをするために、喜美子に保証人の判子をもらおうと説得しているところから始まります。

 

喜美子は京都から信楽に帰ってきたのだから、ここから仕事に行けばいいと答え、一人暮らしは学生寮とはわけが違うのだと逆に説得し返していました。

 

しかし、タケシはアルバイトと掛け持ちして、節約すれば十分一人でもやっていけると言って、一人暮らしをスタートしました。ある日、喜美子の元に女性が訪れます。

 

誰も居ない工房を覗き、喜美子が初めて成功した穴窯の作品を見て、ニヤッと笑っていました。喜美子は母屋で作品を見つめながら、掛井先生が喜美子と初めて会ったとき、掛井先生が喜美子の作品をとても気に入ってくれていつかお金ができたら買おうという話しを思い出していました。

 

器の底に入っていた値札を取りだし見つめます。喜美子は自分の作品をそれほど高く設定するつもりはありませんでしたが、後援会長の勧めで喜美子の作品は安くて5万円という高価なものになっていて、喜美子は高すぎると納得いっていない様子でした。

 

喜美子が庭を眺めていると、先ほど工房を覗いていた女性に気付きます。喜美子に「川原喜美子先生を呼んでくれ」と高圧的な態度でしたが、喜美子がその川原喜美子だと知ると、途端にしおらしい態度に変わってしまいました。

 

喜美子がその小池アンリと名乗る女性を工房に連れて行きます。すると、アンリは喜美子の最初の穴窯作品の前に進み、器に向って一礼すると指でその器をなぞるように触っていました。

 

喜美子が怪訝そうな顔でその様子を見ていると、アンリは喜美子に「おいくらですか?」とその器を示して訊ねます。喜美子が非売品で売ることはできないと言っても、その女性は食い下がってお財布からお金を出そうとしていました。

 

その様子を、喜美子は遊びに来たちや子に話します。喜美子はその女性に「100万だ」と言って追い返してやったと話していました。ちや子は市会議員に立候補して当選していました。

 

百合子と後援会長も駆け付け、その日はちょっとしたお祝いの会だったようです。百合子と後援会長が帰ると、喜美子とちや子は二人で寝転がり、ちや子がテレビに出て男性議員を言い負かしていた話から、喜美子はちや子が新聞記者時代から一つも変わっていないといい、自分は変わってしまったと話します。

 

下宿所で働いていた時は一足繕って12円の内職でお金をもらい、常治と大喜びしていたのに、今では穴窯がうまくいき一つの作品で5万円もの値がついていることに喜美子は何か危機感のようなものを感じている様子でした。

 

そんな喜美子に、ちや子は「変わらへん。大丈夫、きみちゃんはきみちゃんや」と答え、二人で流行りのパックをしながら女子のお泊り会を楽しんでいました。翌日、ちや子とお互い励まし合い笑顔で別れると、喜美子は工房で絵付け小皿のデザインの作業を行っていました。

 

すると、再びアンリが現れて「昨日は手持ちがなかったから」と言いながら100万円の札束をポンとテーブルに投げ出します。「あれ欲しいねん」というアンリを喜美子が呆然と見ていました。スカーレット113話へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です