スカーレット111話「普通の掛井先生」あらすじ

スカーレット111話は、タケシが京都の大学を卒業し信楽に帰ってきて友達と騒いでいるところから始まります。喜美子はタケシと友達をおはぎでおもてなししていました。

 

友達が帰り、タケシはマツの遺影に手を合わせあと、喜美子を飲み屋に誘います。タケシは成人式にも帰って来なかったため、二人でお酒を一緒に飲むのは初めてでした。

 

タケシは学校に行きたかった喜美子に疑似体験だと言って、大学の話をし始めます。喜美子は興味深そうにその話に耳を傾けていました。特別講師にジョージ藤川も来ていたと知り、喜美子のテンションも上がります。

 

その夜、喜美子は高校生になって照子たちと嬉しそうに勉強している夢を見ていました。そして、ジョージ藤川にジョージが非常勤講師をする大学に進学することを報告すると、ジョージは喜美子の事をもう「こちら側の人間や」と言い、喜美子にサインをねだるところで喜美子の目が覚めました。

 

朝、喜美子が穴窯の点検をしていると、タケシはこれから行く窯業研究所の話をします。そこには掛井という人が居て、タケシに大学で油薬について教えてくれていた人でした。

 

タケシはその人について信楽窯業研究所に行くことを決めたとを話し、喜美子の穴窯は継ぐつもりはないと少し言いにくそうに宣言します。喜美子はしばらく黙った後、「アホ、誰が穴窯継げいうた」と言い返していました。

 

掛井先生の話を聞いた喜美子は信楽窯業研究所へ挨拶しに行きます。研究所にはなぜか照子が息子といました。すっかりグレている長男は、掛井先生と話をしていたらしく入れ違いに帰って行きました。

 

喜美子が掛井先生に挨拶すると、陶芸家・川原喜美子だと確認し、落ち着きなさげに感動します。掛井先生は喜美子の個展で特に気に入った作品の話を嬉しそうに話していました。

 

喜美子は家に帰ってその話をタケシにします。タケシは笑いながら、掛井先生は普通の先生で、子供のころから何かがとびぬけていたわけではないという話しを教え子によくしていたことを話します。

 

特別なことは何一つないけれど、努力する方向さえ間違えなかったらなりたいものになれるというと、昼間の照子たちに話していたようです。

 

信楽に帰ってきたタケシでしたが部屋を借りて一人暮らしを始めます。窯業研究所とアルバイトを掛け持ちする忙しい日々が始まりました。ある日、一人の女性が喜美子の家に訪れます。スカーレット112話へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です