スカーレット93話「これで最後や」あらすじ

スカーレット93話は、ニンジン嫌いのタケシに喜美子たちが花形にカットしたニンジンを食べさせるところから始まります。昼間、信楽に帰ってきた八郎が大野さんの喫茶店から電話をかけてきました。

 

八郎は少しだけ興奮した様子で、誰かと一緒に居るようですが、もったいぶってなかなか喜美子に誰と居るのか話してくれません。一緒に居る人を知った喜美子はいつもよりおめかしして、いそいそと喫茶店に向いました。喫茶店にはまた実演会を開いてくれると言う、ジョージ藤川が来ていました。

 

喫茶店に現れてかしこまっている喜美子に、ジョージは仕事の話はひと段落したと言って、喜美子に自分の隣の席を勧めます。喜美子が加わると作品作りの際の話が始まりました。

 

ジョージは、一つの作品にすべてを出し切るため作っている間は「これで最後や」と本当に思うのでしたが、作り終わるとまた新しいものを作りたくなるという気持ちを話していました。

 

ジョージはその気持ちは定食屋のオヤジさんがお客さんから嬉しい声をかけられ「明日からまた頑張ろう」と思う気持ちと同じだと言うと、喜美子たちは「分かります!」と同調していました。

 

ジョージは以前、工房に着た時に見せてもらった喜美子のオトモのかけらの事話しだしました。窯業研究所の柴田さんとジョージが喜美子のかけらを見ながら、室町時代に作られたであろう喜美子の宝物は当時であれば普通の日用品としての器だったのだろうと話します。

 

そのかけらの不思議な色合いは当時、薪だけで出していたと聞いて喜美子は驚きます。不思議な色合いになったのは薪の灰が器を焼いている最中に偶然付着して油薬のような役割を果たしたのだろうと、柴田さんが教えてくれました。

 

さらに、色合いは土の違いで変わってくることや、信楽の土は鉄分の割合が他と違うことを説明されると、喜美子は目を輝かせて聞いていました。

 

工房に戻った八郎は三津に銀座の様子を話していました。銀座には三津のような子が歩いていて三津かと思ったと八郎が話すと、三津はなんだか嬉しそうに再び八郎に「おかえりなさいませ」と言っていました。

 

夜、工房でかけらを見つめる喜美子に八郎が声をかけます。いつもは喜美子が作っている夜食のおにぎりを今日は八郎が作って持ってきてくれたのでした。おにぎりを食べながら、八郎の個展でこれまでの作品と和食器セットをうまく区切って両方の作品を出すという話しを聞いていました。

 

八郎はあたたかな食卓に自分の食器が乗ったらと考えると、たくさん和食器を作ってやろうと思ったと喜美子に話しました。そして、「芸術を極めるのは喜美子任せた」と落ち着いた様子で喜美子に言います。

 

喜美子は冗談を言われたかのようにその言葉をまっすぐ受け止めませんでしたが、八郎は喜美子が心から何かつく痛いものがあることが分かっていました。

 

喜美子は大阪に行く前の日にそのかけらが夕日の光を受けて輝いているのを見て励まされたあの気持ちを形に残したいと考えていました。

 

このかけらと同じように誰かを励ましてあげられる作品を作りたいというのが喜美子の夢になっていました。翌日、工房の電気釜が壊れてしまいました。スカーレット94話へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です