スカーレット86話「団地妻のディナーセット」あらすじ

スカーレット86話は、お母さん合唱団で張り切りすぎたマツがのどを痛めてしまい、喜美子が心配しているところから始まります。タケシはバタバタしながら学校へ出かけて行きますが、家の外に出るとこっそり戻って来て工房の方へ行きます。

 

工房には八郎と三津が作業をしていましたが、タケシは自分が八郎に書いたテレビ購入のためのアンケート用紙を八郎が落としていたことに怒っていました。

 

タケシを小学校に送りだすと、やりとりを聞いていた三津は八郎にはお小遣いにもないのかと八郎に尋ねます。電気窯の調子も悪く買い替え時期でテレビも買ってやるとなると、いよいよ銀座の個展で頑張れねばいけないと三津は八郎を励まします。

 

八郎は喜美子が「個展をやらなくてもいい」と言っていたことを思い出しますが、八郎は個展に向けて作品を作る気でいるようでした。八郎は三津から東京で流行している食器の話を聞きたがります。

 

八郎がろくろを回して三津の話を聞きながら作業をしていると、三津の話がパタリと止まり八郎の作業をじっと観察し始めました。八郎がそれに気付くと、八郎のやり方は大学で習ったやり方と違うと三津は話します。

 

八郎は三津に「やってみるか?」と聞き、三津が器を作ろうとしますが、途中でぐしゃぐしゃになってしまいました。八郎は笑いながら「惜しかったな」と言って、やり方を教えようとしましたが途中で首を振り喜美子から教えて貰うよう言いました。

 

八郎はろくろの前から三津をどかして、また自分の作業を始め、流行りの食器の話の続きを催促します。東京の団地妻たちは綺麗なディナーセットを競って揃えようとしているようです。そんな全部買いそろえたくなるような女心をくすぐる作品はどうかと三津は提案しました。

 

工房に喜美子が入ってくると、喜美子は八郎が手にしていた赤土に気付き、新しいものを作るのかと嬉しそうに尋ねましたが、八郎は「ちょっとな」と言うだけで詳しい話はしてくれませんでした。

 

喜美子は立花さんと会う約束をしていたため「どんだけの注文かわからないけど受けてくる」と八郎に言い出かけて行きました。八郎は振り向きもしない態度に喜美子がかわいそうで胸が痛みます。

 

喜美子が立花さんと待ち合わせをしている大野家の喫茶店では、陽子が二日酔いでぐったりしていました。昨晩、新作から百合子との結婚を報告され盛り上がって飲みすぎてしまったようです。

 

信作は自分と百合子の結婚がうれしくないのかと問いただします。陽子は喜んではいましたが、その後ため息ばかりついていたため信作は陽子が結婚を心から喜んでいないと感じていたようです。

 

「何が不服や」と信作が陽子に聞くと、陽子は喜美子と八郎が結婚した時常治の話をします。八郎が喜美子との結婚の許しをもらおうとし、常治が最初反対し会う約束すらすっぽかしても、八郎は毎日のように川原家に訪れていました。

 

陽子は信作にも常治の厳しい洗礼を浴びせたかったと答えました。信作はそれを聞き、喜美子に結婚の許しをもらいに独りで行くと宣言すると、喜美子がお店に訪れます。

 

結局信作はその場で結婚の話ができず、逃げるように仕事に戻って行きました。立花さんが来店するのを喜美子が嬉しそうに待っていました。スカーレット87話へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です