スカーレット57話「ほな付き合ったらええやん」あらすじ

スカーレット57話は、助けを求める直子の電報で、喜美子たち家族が直子を心配しているところから始まります。しかし、常治は直子がお金を送ってほしいために気を引くようなことをしているだけだと言い捨てていました。

 

直子が以前お金を送ってほしいとお願いしたのを断ったので手段を変えたのだと常治は考えていましたが、喜美子もマツも常治に隠れてお金を数回送っていたようです。

 

それを知り、怒り出す常治を喜美子がなだめていると、マツは自分が東京に行って直子の様子を見てくると言い出しました。喜美子はマツが東京に行く方が心配だと慌てます。

 

そして、直子の会社や寮に電話をかけてみたらどうかと提案しました。しかし、時間も遅く会社も寮も電話を受け付けてくれる時間ではないと常治が指摘します。すると、喜美子は東京にいる人に直子の様子を見てもらえるようお願いしてみたらどうかとさらに提案しました。

 

常治を説得した喜美子は翌日、大野さんの家の電話で東京に住んでいる柔道の師匠・草間宗一郎に電話を掛けます。宗一郎とはすぐに連絡が取れ、直子のことも快く引き受けてくれました。電話をかけ終わると、大野さんの雑貨屋はカフェに改装するという話で、大工さんが大野さんたちの話を聞きに来ていました。

 

喜美子は信作と大野さんの家を出て、雑貨屋からカフェにお店を変えることを心配していました。しかし、信作は時代についていくためには畑違いのことをやっていかなければいけないと考えていました。そして、お見合い大作戦も同じように信楽を元気づけるためにやるのだと意気込んでいました。

 

夜、喜美子が絵付けの練習をしていると、マツが宗一郎に連絡してくれたことのお礼を言いにきました。とっさに思いついたことだったようですが、喜美子もマツも宗一郎なら直子も素直になれると笑っていました。

 

早朝、八郎が商品開発室で作品作りの支度をしていると、また喜美子が現れました。喜美子はこれから毎日作業を見せてくれとお願いします。

 

真面目に断る八郎に喜美子は冗談交じりで、どうしてダメなのか聞くと、八郎は人がいない時間帯に未婚の男女ふたりでいることがほかの人に見つかったら何と言われるかわからないと説明しました。それを聞き、喜美子は「がっかりや」と怒ります。

 

喜美子は信作同様八郎も自分と喜美子の間に男女の線引きをすることに憤りを感じているようです。喜美子は八郎と信作だけが仲良くなり、呼び捨てし合う仲なのに、たくさん話をしても自分は八郎から呼び捨てにしてもらえないと拗ねていました。

 

八郎は付き合ってもいない女性を呼び捨てになどできないと答えると、喜美子は「ほな付き合ったらええやん」といい、自分のことを喜美子と呼べと言い返します。突然の喜美子の言葉に八郎は驚き、顔を曇らせます。スカーレット58話へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です